HOME快適トイレとは

国⼟交通省の定める
快適トイレの定義

  • 1国⼟交通省では、建設現場において男⼥ともに働きやすい環境とするため、ワーク・ライフ・バランスを維持できる環境準備を進めてきたところです。
  • 2建設現場において⼥性技術者等に不評であったトイレについて、平成28年10⽉1⽇以降に⼊札⼿続きを開始する⼟⽊⼯事から『快適トイレ(⼥性も活⽤しやすいトイレ)』を原則化することとし、『快適トイレ』の標準仕様を決定しました。
  • 3また、レンタルが中⼼の建設現場の仮設トイレが『快適トイレ』に変わることにより、災害時に避難場所等に持ち込まれる仮設トイレも変わるといった副次的効果も期待しています。

快適トイレの標準仕様

1.トイレに求める機能

  • 1洋式便座
  • 2⽔洗(簡易⽔洗も含む)、⼜は、し尿処理装置付き
  • 3臭い逆流防⽌機能付き(フラッパー機能付き)
    (必要に応じて消臭剤等活⽤し臭い対策をとること)
  • 4安易に開かない施錠付き(⼆重ロック等)
    (⼆重ロックの備えがなくても容易に開かないことを製造者が説明できるもの
  • 5証明設備(電源がなくて良いもの)
  • 6⾐類掛け等のフック付きまたは荷物置き場の設備付き(耐荷重5Kg以上)

2.付属品として備えるもの

  • 7男⼥別の明確な表⽰(⼥性が現場にいる場合に必須)
  • 8⼊⼝の⽬隠し版の設置
    (男⼥別トイレの間も含め⼊⼝が直接⾒えないような配置等)
  • 9サニタリーボックス(⼥性専⽤トイレに限る)
  • 10鏡付き洗⾯台
  • 11便座除菌シート等の衛⽣⽤品

3.推奨する仕様、付属品

  • 12室内⼨法900Mm×900Mm以上(半畳程度以上)
  • 13擬⾳装置
  • 14着替え台(フィッティングボード等)
  • 15フラッパー機能の多重化
  • 16窓など室内温度の調整が可能な設備
  • 17⼩物置き場等(トイレットペーパー予備置き場)

標準仕様

・・・オプション

  • 2重ロック

  • 人感照明

  • 物置

  • ゴミ箱

  • 便座除菌クリーナー

  • 擬音装置

  • フィッティングボード

  • ペーパーホルダー

  • 別塗装対応

  • 目隠し対応